私は、ディマティーニ・メソッド・ファシリテーターです。

私は、ディマティーニ・メソッドのファシリテーターです。

ディマティーニ・メソッドとは?

http://www.japandma.com/method.html

をクリックして読んでください。

その後で、ブラウザの戻るで戻ってきてください。

以前、unbalance の記事で書きましたが、

そのバランスを取る、バランスに戻る為の具体的な方法として、

具体的に説明できるものです。

かれこれ、10年以上前、2006年から、宇宙の法則であるとか、

陰陽、統合の話は、ずいぶん取り組んでいて、

似たような話をしている人が、出てきたな?

ということで、ジョン・ディマティーニを知りました。

「世界は、バランスでできている」

「正負の法則」

「成功のタイムリミット」

など、数々の翻訳本が日本でも出版されるたびに購入し、

なかなか東京に出かけることも難しく、

DVDなど通信講座で、

内容をフォローしている時間がありました。

いろいろ検証し、覆すロジックを考えてはみるものの、

全て、論破というか、跳ね返されてしまうので、

これは、いつになったら、区切りがつくのか、

ほどほどいい加減に、自分の状況に、

怒りを感じてた所でした。

いろいろと自分も困難な状況でしたが、

ジョンに会いに行く決意を表明したら、

スルスルと話が整って、進んで行き、

2016年5月に、ブレイクスルー・エキスペリエンスを受けました。

しっかり、ワークをするのが、初めてであり、

シートを完了させ、ステップ9という儀式までして、

ブレイクスルー体験をしました。

そこで、出会った仲間との話で、共感することがあり、

この先、自分の問題をどう解決していくか?

出会った仲間に、どうシェアして、全体の意識進化をしていくか?

その課題を持って、

2016年10月に、トレーニングプログラムを受け、

自分の問題で、大きなものを解消しながら、

正式に、ファシリテーターとして認定され、デビューしたわけです。

2017年10月に、アドバンストレーニングを受け、

ファシリテーターとして再認定を受けました。

2016年12月から、2017年5月までは、

地元の名古屋で、勉強会を開催したりしてました。

それから、2017年7月からは、

自分の問題、クライアントの問題が重要、深刻になるにつれて、

ファシリテーターの先輩がいる、神戸や大阪の勉強会に参加し、

2018年6月現在でも、ファシリテーターのスキルを伸ばしています。

 

では、このディマティーニ・メソッドで、

自分やクライアントが取り組んだ事例を簡単に紹介しておきます。

・親の離婚問題で影響を受けた子供 母子家庭 父子家庭

・親の対応(虐待、育児放棄など)で、トラウマになっている子供

・学校のいじめ 集団暴力 非行

・職場、家庭でのモラルハラスメント

・職場、家庭でのパワーハラスメント

・職場、家庭でのセクシャルハラスメント

・恋愛関係 失恋 忘れられない恋人 結婚詐欺

・金銭関係 貸したお金が返ってこない

・ビジネス関係 売上アップ 経営危機の乗り越え方

・投資関係 トレーディングスコア改善 投資管理

・アダルトチルドレン インナーチャイルド

・毒親

・行政機関の決定に対する対応 閉校案を存続案に導く

・世間の事件事故で感じることの中和

・トラウマ PTSD の解消

・ご子息が抱える問題

・親が抱える問題

・学校の問題、教師、クラス、学校全体の問題

など、

人が生まれてから、今日にいたるまでの間に、

感じた感情のうち、解消しきれてないもの、忘れられないもの、

いつも気になってしょうがないこと、

いつも何かをしようとすると障害になること、

その事は、こうだという思い込みで解釈し判断すること、

したいのに、できないこと、

するつもりがないのに、やってしまうこと、

などメンタルブロックが出来てしまっているもの、

そういうものを解消することをしてきました。

とはいえ、誰もがこの方法を適用できるとは言えません。

ディマティーニ・メソッドがクライアントにとって、効果があるか?

ディマティーニ・メソッドがクライアントにとって、必要なものか?

ディマティーニ・メソッドのワークをやり遂げる決意と覚悟があるか?

最低でもこの3つの問いに、YES と答えられない限り、

このディマティーニ・メソッドのセッションは、

やらないほうが良いと思います。

私は、お話は、お伺いした上で、判断させていただいてますが、

この3つの問いに、YES と答えられない場合は、お受けできません。

そうでない時は、ファシリテーターもクライアントも疲弊するのみで、

途中で挫折したり、ワークを完了させても、

ブレイクスルーには導けません。

それは、何故か?

私たちが、ファシリテーターと呼ばれている意味にも通じますが、

クライアントが主人公で、結果、自己責任を負う人だからです。

クライアントの意思、決意、覚悟が先です。

ファシリテーターは、その気持ちを踏まえて、進行について、

フィードバックさせてもらい、

効果測定を経て判断させていただきます。

それでも、理論を知り、ワークを完了させる意思がある場合は、

ジョンが行う、ブレイクスルーエキスペリエンスを受ける。

ファシリテーターが実施するグループ勉強会(DMFG)に参加する。

ファシリテーターが実施する少人数勉強会に参加する。

ことでも良いと思います。

2018年7月7日 日本初のシンクロニシティが開催されます。

これは、ブレイクスルーエキスペリエンスのように、

誰でも行けるものではなく、

一定以上のディマティーニ・メソッドへの理解と経験が

必要であるものですので、中級~上級の講座です。

このための準備として、

ファシリテーターの個人セッションが必要である場合、

ご連絡いただければ、対応させていただきます。

流れとしましては、

事前に、クライアントの要望をお聞きし、

ディマティーニ・メソッド概要を一通り、説明させていただいた後で、

ディマティーニ・メソッドのワークを行い、完了します。

それから、シンクロニシティで用いる列のワークを体験します。

他に、シンクロニシティを受講する前の準備として、

ディマティーニ・メソッドの全体の内容を

復習もかねて、一通り説明させていただきます。

料金は、

http://www.japandma.com/index.html#cont2

にある通りです。

内容や時間、金額は、申込者の状況にもよりますが、

シンクロニシティを受ける為のものであるなら、

3時間や時間無制限コースをおススメします。

今回、シンクロニシティを受けずに、

申込者自身の問題解決にのみ特化する場合は、

2時間コースで構いません。

ディマティーニ・メソッドは、自分でやってても、

やった気になるだけで、微妙な感じになることが多いです。

しっかりとしたブレイクスルーを体験する為に、

ワークを完了させたい、ワークの途中で、

わからないことがある場合は、遠慮なく、

ファシリテーターをこき使ってください。

クライアントが、ディマティーニ・メソッドを完了させ、

ブレイクスルー体験をして、

感情、出来事、問題をクリアーにして、

心がスッキリとして、新しい自分になり、

夢や目標を追いかけるワクワクとした人生を歩み、意識進化をする。

その助けをする為に、ファシリテーターは、存在しています。

さぁ、一緒に、ディマティーニ・メソッドのワークをしましょう。

そして、意識進化、クォンタムジャンプをして、

愛と感謝の涙、胸の高まりを体験しましょう。

今ここから、新しい自分に変わるチャレンジを待っています。

お問合せ、申し込みは、ココをクリックしてください。

ファシリテーターとして、ベストなサポートをさせていただきます。

そして、クライアント自身が人生のマスターとなり、

未来への一歩を歩み出し、夢や願望を実現するお手伝いも、

させていただいてますので、必要があれば、

また、ご相談ください。

それでは、また。