stabilizer

stabilizer

安定化装置とも言います。

自動車部品にもありますし、

カメラなど撮影する時の道具としてもあります。

先の投稿で、リバランスの話をしました。

バランスの取れている点から、

作為的に揺らした方向、アンバランスな点から、

元に戻る作用を認識し、利用することです。

このスタビライザーは、

バランスの取れている点に、

自動的に戻ることのできるもの。

他の言葉を借りれば、

ホメオスタシスであるとか、

コンフォートゾーンであるとか、

で説明ができます。

リバランスの動きが、非線形であるのに対して、

スタビライザーの動きが、線形である、最短ストレートなもの。

というイメージでも構いません。

バランスの取れた点をある程度認識し、

確信が持てている段階で、

スタビライザーを持つと、

すぐに、バランスの取れた点に戻ることができます。

スタビライザーは、自分自身の価値観として持つもの。

が、自分にとって最良のものであるのは、そうなのですが、

社会的な価値観、組織の価値観などで、

いろいろとカスタマイズされたスタビライザーがあります。

それを自分自身のものと同一視して持っている時に、

自分の思い通りなら良いですが、

いずれ、自分の思い通りにならないことがあります。

それが、現在、今ここで、認識しているもの、

発生している問題、事実を示しているのならば、

一旦、立ち止まって、考えてみるほうが良いです。

生命財産の危険がある時は、

その危険から逃れて、

安全な状態にいることが前提です。

その時、自分が持つスタビライザーが本当に自分の物なのか?

自分で問うてみることです。

それでも、迷い、悩む時は、

カウンセラー、コーチ、先生、指導者を求めて、

問うて確認してみてください。

客観視ができるかどうかです。

でも、第三者に聞くのも良いです。

でも、聞く相手は、間違えないでくださいね。

相談する相手に困った時は、

お問合せページから、

お気軽に、お問い合わせください。

それでは、また。

 

謹賀新年

新年、あけましておめでとうございます。

昨年は、年末ギリギリまで、学びのスケジュールでした。

今年は、学び得たものを行動し、成果に変え、

公に還元し、貢献して行きたいと思います。

今年から、新しく始める学びの分野もあります。

今年も素晴らしい年で、ありますように。